最近、時折耳にするホワイトハットSEOとは?

ウェブサイトを運営する人にとって、SEO対策は必須のものですよね。で、SEO対策を様々に勉強したりしていると、ホワイトハットSEOという言葉を耳にする機会もあるんじゃないでしょうか。ホワイトハットSEOとはどのようなものか皆さんご存知ですか?

ホワイトハットSEOとはどのようなものかというと、要するにルールに則って、正しい手順でSEOを行っていく手法をさします。例えばグーグルであれば、ウェブマスターのためのガイドラインがありますが、こういったものでおススメされているような手順によってSEOを展開していくわけですね。要するに、いい子ちゃんをして、グーグルやヤフーに褒めてもらって、検索を上位にしてもらおう、というわけです。では、具体的にどのような手法がとられているのか、見ていきましょう。

オリジナリティ溢れる、情報性の高い記事を載せる

今のアルゴリズムというのは、そのウェブサイトがオリジナリティがあるかどうか、情報の密度は高いかどうかなどを判断して、検索を上位にするか、下位にするかを決めています。もちろんそれだけではありませんが、かなり重要度の高い要素となっています。例えば、どこにでもある記事をリライトして少しだけ変えてウェブサイトに掲載したり、ひどいものだとコピペそのままであったりというようなことがあります。こういう、独自性の無い、手抜きな記事を載せていると、悪質であると判断され、検索上位から飛ばされてしまうわけですね。ですので、検索結果を上位にしたいのであれば、オリジナリティのある、価値のある記事を書く必要があります。

ガイドラインに従ったウェブサイトを構築する

https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hlrm=jp

上記のようなグーグルのガイドラインがありますが、ここに書かれていることを守ってウェブサイトを構築すると、ポイントが高いです。アルゴリズムは自動で検索結果の上位表示順を判断しているわけで、このようにその目安が書かれているわけですから、もちろんこのガイドラインに書かれている通りにウェブサイトを構築すると、そのサイトは良質なサイトと判断され、検索結果上位に表示されるわけです。まあ、その書かれている通りにすることが難しいわけですが。