初心者は必ず使い方を間違える、見出しタグとは

見出しタグの設定は、SEO対策において、重要な要素を含んでいますが、初心者ではイマイチその重要さが把握できず、おまけに決して簡単ではないので、理解が薄いままに見出しタグの設定を行って、間違えてしまうということがよくあります。ですので、見出しタグの設定の仕方をきちんと覚える必要がありますが、では、どのようにするのでしょうか?

そもそも、見出しタグとはどのようなものなのでしょうか。見出しタグとは、文章に見出しをつけて、このような文章になってます、というのを分かりやすく伝えるために使用するタグの事を指します。ウェブ上で見出しタブが使われたウェブサイトを見ると、そこは通常よりも大きな文字で記されているでしょう。また、検索エンジンにとっても、見出しタグをつけることで、そのページの構成が理解しやすくなります。つまり、ウェブページを閲覧するユーザーにとっても、検索エンジンにとっても親切なものが、見出しタグなのです。見出しタグをつけることで、そのページそのもののSEO効果は上がるでしょう。

見出しタグの設定の仕方

通常、見出しタグは、<h1></h1>などというように記載します。この間に見出しタグのタイトルなどをつけることで、ウェブページにきちんと表示されます。

見出しタグは、あくまでもページ構成に准じてつけるべきです。そうでないと、SEO対策としての失敗例となってしまい、ペナルティとなることもあります。また、h1のような大見出しは、1ページに1つとすることです。h1がつけられれば、小見出しのようなものを、h2、h3として表記します。なんでもかんでも見出しをつければよいわけではありません。あくまでも、ページ内を読みやすくするために行われていることで、ごちゃごちゃにするためにやっているわけではありませんからね。

分かりやすさを意識する

見出しタグをつける最大のコンセプトは、分かりやすく、です。ですから、見出しタグを誤ってつけてしまったなどというのは論外中の論外で、正しくつけなければなりません。まあ、ウェブサイトを見るのは、閲覧者だけではなくてグーグルやヤフーのアルゴリズムも同様で、グーグルやヤフーにとって興味のある記事をつくらなければ、検索結果で上位に表示されないということです。