メタディスクリプション設定とは何か?

メタディスクリプション設定とは、SEOには欠かせない重要な施策です。どの様なものかというと、GoogleやYahoo!で検索した時に表示されるサイトやページの説明文の設定を指します。検索をしてページをクリックするかどうかユーザーはタイトルと説明文を読んで判断しますので、メタディスクリプションを充実させる事でユーザーのアクセス数を劇的に増やす事が可能です。

メタディスクリプションの文字数はPCとスマホで違う!

メタディスクリプションを設定する時に注意するべき事は、文字数です。PCとスマホでは表示のされ方が違うので、最適化を本気でするなら文字数に気を配り、文字数に適した文言を加える必要があります。PCの場合は120字程度、スマホの場合は50字程度で表示されるので、スマホの方が内容を絞った文章を考える必要があります。

メタディスクリプションを目立たせるためにキーワードを入れよう!

SEOを意識してサイトを作成している方は、ある特定のキーワードで検索をしてもらった時に、多くのユーザーに読んでもらえる様なサイト作りを心掛けていると思います。ですから、検索で表示されるのはタイトルとメタディスクリプションなので、検索結果として表示された時にメタディスクリプションに検索キーワードが入っていれば、よりクリックしてもらえる可能性が高くなります。ユーザーはそのキーワードを目的として検索をしているから当然です!

メタディスクリプションの設定方法

メタディスクリプションを設定するためには、HTMLを使用する必要があります。HTMLを使用するにはそれなりに勉強しないといけないため、敬遠されがちなのですが、本格的に勉強しなくてもワードプレスなどを利用すれば特にHTMLの知識を深める必要なくメタディスクリプションを設定する事ができます。ちなみにHTMLに直接記載するのなら、と入力して、コード内に挿入します。
ワードプレスで設定するなら、SEOプラグインを利用しましょう。プラグインは様々にありますが、メタ説明文を入力する箇所がどんなプラグインでもあると思いますので、そこに自分の思う説明文を入力する事で簡単に入力が可能です。
メタディスクリプションはクリック率を向上させるために必要で、それはサイト内のページ数が増えれば増える程重要な役割を果たします。本格的にサイトを作成するなら、必ず作り込む事が必要です。