SEOとは何か

インターネット上でホームページを開設して、それをビジネス利用する場合に一番必要なことは、提供するコンテンツがターゲットユーザーの問題を解決出来るかどうかということです。その理由は、ユーザーが検索エンジンを使って検索をしている場合に、ユーザーが検索エンジンを使って検索をするのは、そのユーザーが何か問題を抱えていて、その問題を解決するために検索をします。その場合検索結果の上位をユーザーは通常クリックします。これはもう少し詳しくお話をすると、検索をした場合に検索結果がたくさんある場合には、検索結果が数ページに及ぶことがありますが、この場合、一般的にユーザーが関心を持つ検索結果は、1ページ目の検索結果で、2ページ目以降の検索結果に対しては、何か理由がない限り閲覧することは、先ずありません。

この検索結果はどういうことに基づいて表示されるのかというと、これは検索エンジンがユーザーが入力するキーワードにおいて、優れたホームページであると判断したものを上位に表示をします。ビジネスにおいてホームページを活用する場合には、多くの人にそのホームページを見てもらう必要があります。

このように検索エンジンで上位表示をさせるために行うことをSEO対策といい、これはSearch Engine Optimizationの略称です。日本では検索エンジンの最適化と言います。SEO対策というのは、検索エンジンをGoogleが最も高いシェアを占めているので、基本的にはGoogle対策ということになります。

検索結果で上位表示するには

では、Googleから高く評価されて、検索結果の上位にするためにはどうしたら良いのかということですが、まずGoogleが提唱していることは、まずコンテンツを充実させるとしています。この場合のコンテンツを充実させるとはどういうことなのかというと、冒頭にもご案内をしたように、ユーザーがどういう問題を抱えていて、その問題を解決できるコンテンツを提供できるかどうかということになります。そのためには、先ずターゲットユーザーを明確にして、ユーザーはどういう問題を抱えているのかということをしっかり把握し、どういうキーワードを使ってホームページにアクセスしてくるであろうということを想定して、ライティングするということが必要です。そのためには、ユーザーの動向を調べることも大切ですし、同業他社がどのようなページにしているのかということを研究するということが大切です。ここでわかったことをホームページに落とし込むことになりますが、その際はユーザーが使うであろうキーワードをできるだけ多く使うという事も大切です。ただ、日々のホームページは、多くのユーザーがアクセスしてきますので、その際のアクセス解析をしっかりチェックして、実際にどのようなキーワードでアクセスしてくるかを確認し、それらのデーターに基づいて、ホームページに反映させることが大事になりますので、日々のアクセスをしっかりチェックするということが必要です。

ホームページの内部対策

これ以外には、ホームページをGoogleに評価してもらうためには、内部対策が必要です。内部対策というのはどういうことかというと、ホームページの内容をGoogleがしっかりチェックできるようにするということです。この内部対策をしっかりしないと、Googleにホームページを正確に解釈してもらえなくなりますので、いくら良いコンテンツを作っても正当に評価されない可能性があります。

では、ホームページの内部対策とは具体的はどういうことなのかというと、

  • タイトルタグにはSEOキーワードを入れる
  • H1タグやH2タグにもSEOキーワードを入れる
  • meta descriptionを設定する
  • 人間向けとGoogle向けのサイトマップを作成する

などです。
タイトルタグやH1タグ、H2タグはGoogleが重要なキーワードとしてチェックするポイントなので、ここにはSEOキーワードを入れることで、Googleに対して大事なキーワードを伝えます。meta descriptionは検索結果に表示される説明文ですので、しっかりした文章を考える必要があります。また、サイトマップについては、サイト内がどのような構成になっているのかということを整理するコンテンツですので、それを人間だけではなく、Googleに対しても伝える必要があります。