スーパーやコンビニなどでおなじみの、お手頃ワインの筆頭チリワインは、毎日ワインを楽しみたい方やワインビギナーの方にとって大きな味方です。様々な品種とバリエーション豊かなチリワインの魅力を探っていきましょう。

大人気!安くて美味しいチリワイン

ワインの日本の輸入量は元来フランスが第一位でしたが、2007年に「日チリEPA」という、日本とチリの経済活動の自由化条約を結び、それを境に輸入量が急激に増えて現在につながっています。
2015年にフランスを抜いて以来、名実ともにチリワインが一位を独走しています。

手頃で美味しい、ファンの多いチリワインですが、2019年4月1日にはなんと関税が完全無税化に!(関税:外国から輸入する際貨物に課される税金のことです。)
そうなると、さらに現在よりも安くなることが予想できます。
現在もワンコインで買えて味が美味しいと話題のチリワイン、今後どのくらいまで値段が下がっていくのかも非常に注目されています。

豊かな環境に恵まれて育まれるチリワイン

チリは、南米大陸を縦断するような細長い地形をしており、ワインを造るための好条件が全てそろっているといわれています。海風、標高、朝晩の霧、日差しと寒暖の差、地方によっては独特の冷涼な気候風土で、農薬はほとんど使わなくても良質のブドウを造ることが可能です。
また、大手資本との提携やシステマティックな管理をしている大きなワイナリーも多いため、他国と比べ人件費が抑えられています。
そのためワインそのものの値段にも反映され、高品質ながら値段も安いという全ての条件を満たしていることがチリワインの良さにつながっています。

チリワインの人気銘柄・ブドウ品種は?

単一品種では、「チリカベ」といわれるほど人気のカベルネ・ソーヴィニヨン、白はソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネなど、混合品種はカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラーズの混合品種の赤が人気です。銘柄では、フロンテラ、モンテス、コノスル、サンライズなどが代表的です。
イオンでは、人気のチリワインが、本体価格480円からご用意があり、豊富な種類の中からお手頃価格を気軽に試すことができる魅力的なラインナップとなっています。
一度買い求められ、美味しさとコスパが気に入ってリピートされている方も!お気に入りのチリワインをみつけてみませんか?