SEO内部最適化とは

公開するためのホームページを制作する際に、デザインなどは深く考えることがあってもSEOのことまで考えることはあまりありません。専門的な知識がないとそこまで頭が回りません。
実は、ただホームページを制作し、公開するだけでは検索エンジンの上位に特定のキーワードで表示されることはありえません。余程訪問者が多くSNSやブログでたくさん取り上げられればその限りではありませんが、大抵のホームページは特に話題性に富んでいるわけでもないので、何もしないでいるとせいぜい知り合いが覗くに来る程度で、話題にもならず集客にも繋がりません。
SEO内部最適化対策として、titleタグやmeta descriptionタグ、h1タグにヒットさせたいキーワードを入力することなど、やるべきことはたくさんあります。それらによってどの様なメリットが現れるのでしょうか。

SEO内部最適化のメリット①検索エンジン上位に表示されやすくなる

SEO内部最適化を行うことで、GoogleやYahoo!の検索エンジンによって上位表示されやすくします。検索エンジンで特定のキーワードで上位表示されることは、集客効果に繋がるなど多大なメリットをもたらします。
ほとんどの人は自分の調べたいキーワードで検索して、何ページも検索結果を表示させるということはしないものです。大抵、上位にある3、4の記事に表示されたタイトルや説明文を見比べて気に入ったものをクリックします。
無意識にやっている行為ですから人間というのは検索エンジンを前にすれば誰もがその様な行動をとってしまうのです。そして今では検索エンジンによって提出される検索結果をあらゆることに重視する人ばかりです。美容院や昼食、果ては進学先や就職先、どんなお墓を買うかまであらゆることの答えを検索エンジンの示す結果に求めます。
ですから会社や店舗など、営業に携わるキーワードで検索結果上位に表示されることで圧倒的な集客効果が見込めます。検索エンジンに上位表示されるか否かで商売の成功が約束されるといっても過言ではないのです。

SEO内部最適化のメリット②集客に対する費用対効果が安い

集客の方法は様々にあります。各家庭にチラシを撒いたり、新聞広告を入れたりなど様々です。ですがそれらの集客方法は割高である上に、効果はあるものの乏しいことが多く、あまりいい方法とはいえません。
同様の金額をSEO対策にかけた方が余程集客に繋がることがあります。特に地方の飲食店の様な都市部に比べれば競争相手の少ないところであれば、絶大な効果を発揮するでしょう。