人気チリワインの「サンライズ」とはどんなワインなのでしょうか?その魅力に迫ってみましょう。

チリの太陽を象徴するような黄色いラベルの「サンライズ」

山吹色のようなはっきりとした黄色いラベルは、チリワインの中でもひときわ目立つ存在です。
太陽を象徴とするような「太陽が育んだ完熟ブドウの味わい」が特長です。
メルシャンが輸入しているコンチャ・イ・トロ社の「サンライズ」は、年間300日の日照に恵まれた畑のブドウのみ使用して造ったワインです。
9,000 ヘクタールもの広大な自社畑を所有し、チリのテロワールを知り尽くしています。
サンライズは、晴天率の高いチリの地中海性気候の中でも、特に日照時間の長いラペル・ヴァレーやマウレ・ヴァレーを中心としたセントラル・ヴァレーの畑の完熟ブドウからワインは造られます。
リッチな果実味を思わせる味わいの秘密がここにあります。

サンライズのラインナップ

どの種類も人気のブドウ品種のサンライズは、赤(ミディアムボディ)・白(辛口)計4種類、スパークリングは白・ロゼ2種類の計6種類のラインナップです。
どのワインも国内外の賞を受賞しており、スパークリング2種はサクラワインアワードを受賞していて、日本人女性にも親しまれているワインです。

カベルネ・ソーヴィニヨン

カシスなど赤い果実やチョコレートに加えてスパイシーなニュアンスも感じる豊かな香りです。
口当たりはなめらかながらボリュームがあり、果実味にあふれた奥行きのある味わいです。

カルメネール

現在チリでしか栽培されていないカルメネール品種から造られるワインは、赤い果実やブラックプラムなど果実の香りやソフトなトーストのような香ばしい香りを感じることができます。
ボディがありながら、まろやかで調和の取れた味わいです。

メルロー

チェリーなどの熟した赤い果実、プラム、カカオ、スパイスの奥行きのあるアロマが特長です。
なめらかながら力強いタンニンと酸が、エレガントなワインです。余韻も長く、心地のよい赤ワインです。

シャルドネ 

リンゴや洋ナシや白桃、パイナップルなどのトロピカルフルーツのフレッシュな香りが特長です。フレッシュな酸味と豊かな果実香が高いレベルでバランスを取っているワインです。

スパークリング 白 / 辛口

シャルドネ主体で造られる、フレッシュなフルーツ香とエレガントな泡が特長の辛口スパークリングワインです。
若干ミネラルの香りがアクセントとなり、さわやかさと複雑さを兼ね備えたバランスの取れた味わいです。

スパークリング ロゼ / 辛口

鮮やかなロゼ色のこのワインは、熟したベリー系フルーツのさわやかなアロマと繊細な泡が特長です。シラーズ主体の辛口で、イチゴやフランポワーズなどの赤い果実の香りがあふれるスパークリングワインです。