人気チリワインの「コノスル」とはどんなワインなのでしょうか?その味わいと魅力に迫ってみましょう。

コスパ最強の「コノスル」

普段ワインをそれほど飲まれない方も、スーパーのワインコーナーの最前列にある手書きの自転車の絵のラベルをご覧になられたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
コノスルはそんなカジュアルで素朴なイメージのチリワインです。
コノスルのワインラベルのシンボルとして知られる自転車の絵ですが、ワイナリーの従業員達が毎日の農作業時に自転車を利用していることを象徴しています。
これは、ワインの生産から運搬、施設の運営から輸出に関わる際に発生する「CO2」の排出量を測定し、植林や自然エネルギーの導入などによって実質的に相殺してゼロに近づける「カーボン・オフセット事業」取り組みの一つで、畑と畑の移動は全て自転車を使うなど徹底した「CO2管理」を実践しています。

10本セットも楽しい!人気最強のコノスル

1本700円前後くらいから取扱いのあるコノスルは、10本セット販売のあるショップでは「コノスル・ヴァラエタルセット」という名前でも出ており、ネット価格で税込7,450円(1本あたり745円)です。
このセットでは、10本セットのうち、全て同じブドウ品種を10本選んでもよく、また数本だけお気に入りのブドウ品種を選ぶことも可能です。
カベルネ・ソーヴィニヨン、カルメネール、メルロー、ピノ・ノワール、シラー、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ヴィオニエ、ゲヴェルツトラミネール、リースリングの10種類です。
カルメネールは現在チリでしか栽培されていない、他ではなかなかお目にかかれない珍しい品種で、ヴィオニエ、ゲヴェルツトラミネール、リースリングは他のブランドになくユニークなラインナップです。
赤ワインを含めた良質なワインの飲み比べが一気にできることも魅力で、お値段も非常にリーズナブルという楽しいセットになります。
家のみには十分な味わいで全て当たりだったというレビューも多く、チリワインによく見られるようにスクリューキャップですぐに開封できるところも便利ですね。